僕は仮想通貨で「資本家」を仮体験できた気がする




こんにちは、こばりょー(@kobaryo_KobaLabです。

 

今、仮想通貨がめちゃくちゃ上がっていますね。

僕もかなりハマっていて、いろんな通貨に手を出しています。

最近、僕の持っている通貨の値上がりが凄まじかったんですね。

  • 朝起きたら、会社員の年収分、資産が増えていた
  • ちょっと遊んでいたら、月収分の資産が増えていた

そんなことが当たり前のように起きています。

もちろん、そこから下がったりもするんですが、確実に資産が増えています。

 

そこで、ふと思ったことがあります。

それが「資産家ってこんな感じなのかな?」ということです。

 

「資産家」とは?

まず、資産家についてはっきりわかっていない人もいるかもしれないので、定義をはっきりさせておきたいと思います。

経営者と混同されることが多いので、経営者の定義も一緒に載せておきたいと思います。

■資産家

資本(現金、債権、株、証券、など)を持ちそこから得られる(値上がり益、利息、配当など)が高額かつ主たる収入の人。

■経営者

土地、店舗、会社などを利用して収入を得る(得ようとする)人。

引用:Yahoo!知恵袋

 

つまり、資本家は金融市場に資本を投じて、そこから利益を得ている人たちですね。

対して、経営者が相手にするのは、私たちが普段生活する上で利用している消費市場です。

 

世の中の人は労働者、経営者、資本家に分類される

世の中の社会に出ている人は、労働者、経営者、資本家の3つに分類されます。

感覚でわかると思いますが、労働者が1番多く、その次に経営者、そして1番少ないのが資本家でしょう。

  • 多くの人が会社や組織に所属して、給与所得を得る「労働者」
  • そして、その労働者やその他のリソースを活用して、利益を生み出す「経営者」
  • 自らの資本(お金)に働いてもらって、金融市場から利益を得る「資本家」

 

この3つの分類で世の中は成り立っています。

 

なんとなくですが、

  • 労働者は時間もお金にも余裕がなく
  • 経営者はお金はあるが、時間はなく
  • 資本家は時間もお金もある

 

と思っています。

 

僕は資本家を目指したい

おそらく、世の中のほとんどの人が思っているかもしれませんが、僕は資本家を目指したいです。

ぶっちゃけ、好きなこと以外したくないですし、お金の心配もしたくありません。

そうなると、必然的に資本家を目指すことになるのではないでしょうか?

 

それに資本家には労働者と経営者と決定的に違う点があるんですね。

それが、資本家は金融市場からお金を得ているということです。

実は、僕たちが普段生活している消費市場に流通しているお金と金融市場に流通しているお金って、1:9の比率だと言われています。

これを考えると、世界のお金の10%から、お金を得ようとしている労働者と経営者って、めちゃくちゃ効率悪いですよね?

それに、その10%から多くの人がお金を得ようとしているわけですから、まさにレッドオーシャンな状態ではないでしょうか…。

だからこそ、僕は資本家を目指したいです。

 

ここで最初の話に戻りますが、24歳という年齢で仮想通貨を通じて、「資本家ってこんな感じかな」という感覚を体感できたことは、僕にとってめちゃくちゃプラスでした。

これから、仮想通貨の市場がどうなっていくのかは正直、不透明なところが多いですが、どうなったとしてもこの感覚を体感できて、今まで全く見えていなかった「資本家」というものの背中が少し見えた気がしました。

まだまだ、資本家になるためには資本も知識も足りないですが、少しずつでも埋めていって、毎日少しでも近づけるようにしていこうと思います。

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

【仮想通貨】初心者が絶対に登録したい取引所はここだ!

2018.01.01
The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。