【たった3つ?】家でコーヒーをドリップできるおしゃれな道具を紹介!




【たった3つ?】家でコーヒーをドリップできるおしゃれな道具を紹介!

こんにちは、お家大好きこばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

 

お家で美味しいコーヒーが飲みたいと思っている人がこれを読んでくれていると思います。

僕も美味しいコーヒーが家で飲みたいなと思って、まず考えたのが道具を揃えることでした。

でも、そこで壁にぶち当たります。

こばりょー
コーヒーをドリップする道具の種類多すぎない…?

コーヒーをドリップしようと思ったときに、いろいろ道具を揃えなければいけません。

豆を挽いて、ドリッパーを用意して、ケトルを用意して…

コーヒーをドリップするという行為には多くの道具が必要になってきます。

しかも、最近はドリップ方法も様々でただでさえ多い道具に多くの種類が出ています。

 

そこで、コーヒー道具選び難民になってしまったあなたのために、僕が実際に使っているおしゃれな道具を3つ紹介します。

最低限揃える3つの道具

  • コーヒーミル
  • 電気ケトル
  • ドリッパー

これさえ揃えておけば、家で本格的なコーヒーをドリップすることができます。

どれも僕がいろいろな道具から検討して、コスパも良くておしゃれな道具なので、気に入ったものがあればぜひ家族に迎え入れてあげてくださいね。

家でコーヒーをドリップするために最低限必要な3つの道具はこれ!

家でコーヒーをドリップするために必要な道具は3つです。

その種類の中でも、僕が愛用していて、おしゃれでコスパの良い道具を紹介します。

美味しいコーヒーを飲むための3つの道具

これだけあれば、美味しいコーヒーを家で飲むことができます。

それぞれおすすめする理由も見ていきましょう!

 

Kalitaのドーム型ミル

Kalitaのドーム型ミル

まずはKalitaのドーム型ミルです。

ミルはコーヒー豆を挽いて粉にするための道具です。

コーヒー豆を挽いた状態で購入することもできますが、コーヒーは断然挽きたてが美味しいです。

コーヒー豆はだんだんと酸化して、味が落ちていくのですが、粉にすると酸化が早くなるので豆で保存して、飲む直前にミルで挽くのがおすすめです。

 

僕が選んだのはKalitaのドーム型ミルですが、選んだ理由は3つです。

カリタのドーム型のコーヒーミルを選んだ理由

  1. 「硬質鋳鉄製臼歯」で自分好みに豆が挽ける
  2. 蓋が付いているので飛び散らない
  3. インテリアとして使える素晴らしいデザイン

詳しくはこちらの記事で書いているので、ぜひ参考にしてください。

【おすすめ】カリタ(Kalita)のドーム型コーヒーミルに一目惚れしました

2020年2月1日

IRIS OHYAMAの温度調整付きの電気ケトル

IRIS OHYAMAの温度調整付きの電気ケトル

次はIRIS OHYAMAの温度調整付きの電気ケトルです。

ドリップするときは、先の細いケトルの方がドリップをしやすいです。

そのため、先の細いケトルを探していたのですが、僕はこの電気ケトルを選びました。

 

おしゃれな電気ケトルというと、バルミューダの電気ケトルを思い浮かべる人が多いかもしれません。

でも、僕は以下の理由でIRIS OHYAMAの電気ケトルを選びました。

IRIS OHYAMAの電気ケトルを選んだ理由

  1. バルミューダと遜色ないおしゃれなデザイン
  2. 温度調整をすることができる
  3. コスパが圧倒的

ドリップをすることが目的だと、圧倒的にIRIS OHYAMAの電気ケトルがおすすめです。

理由は②の温度調整ができることです。

バルミューダも含めた普通の電気ケトルは沸騰させることしかできません。

それに比べてこの電気ケトルは温度調整できるのでコーヒーに最適な90℃のお湯を沸かすことができます。

 

デザインも良く、値段もバルミューダの半値なので、よっぽどバルミューダの電気ケトルが欲しくない限りは、おすすめの電気ケトルです。

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

KINTOのステンレス製ドリッパー

KINTOのステンレス製ドリッパー

最後はKINTOのステンレス製のドリッパーです。

ドリッパーにはいろいろな種類があって、多くが陶器やプラスチップに紙のフィルターをセットして使います。

しかし、このKINTOのステンレス製のドリッパーは紙のフィルターがいりません。

小さな穴が開いていて、紙のフィルターなしでドリップすることができます。

 

僕はコーヒーを家でドリップしたかったのですが、紙のフィルターのような消耗品は増やしたくないな〜と考えていました。

そのため、紙フィルターのいらないステンレス製のドリッパーを選びました。

 

また、ステンレス製のドリッパーには、コーヒーの油分をそのまま抽出できるというメリットもあります。

コーヒーの油分はコーヒーの旨味の1つでもあるので、おいしいコーヒーを味わい人にはおすすめです。

コーヒーをドリップする手順

さて、道具を揃えたら早速ドリップをしたいところですが、おいしいコーヒーをドリップするためには基本的な手順が大事です。

コーヒーの基本的な淹れ方の手順

  1. 90℃のお湯を沸かす
  2. コーヒー豆を適量挽く
  3. ドリッパーにコーヒー豆をセットする
  4. 少しお湯を入れる
  5. 30~60秒程蒸らす
  6. 適量ずつお湯を入れてドリップする

これを元に、自分好みに少し淹れ方を変えてみたりすると面白いかもしれません。

 

コーヒーは日によって味が変わるから奥が深い

コーヒーは日によって味が変わるから奥が深い

コーヒーはその日の微妙な淹れ方の違い、気持ちの変化などで味が変わる奥深い飲み物です。

基本的な淹れ方を把握しつつ、その奥深さも感じてみてください。

僕もお気に入りのコーヒー豆や淹れ方を追求していきます。

 

最後に紹介した道具をまとめておきます。

IRIS OHYAMA(アイリスオーヤマ)

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(26歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(26歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。