将来に悩む大学生が卒業までにやるべきこと、考えるべきこと8選




将来に悩む大学生が卒業までにやるべきこと、考えるべきこと8選
  • 「大学生って何をやったらいいんだろう?」
  • 「大学生のうちにやった方がいいことって何だろう?」
  • 「大学生になったけど、将来に漠然とした不安を抱えている…」

あなたはそんなことを考えていませんか?

実は、僕もそうでした。

将来に悩む大学生がやるべきことはズバリこの8つ!僕がやったこと、やれば良かったと後悔してることを公開します!

こんにちは!

現在、ブロガー / 睡眠デザイナーとして活動しているこばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

新潟県出身で新潟大学で4年間の学生生活を過ごし、現在東京でシステムエンジニアの仕事をしながら、ブロガー、睡眠デザイナーとして活動しています。

僕も漠然とした将来への不安を抱え、大学生活で何をするべきか時期もありました。

 

大学生って自由な時間が多くて「何をしたらいいんだろう?」と思ってしまうんですよね。

なんとなく過ごすのも悪くないかもしれませんが、やっぱり何をやるべきか、考えるべきか明確にして過ごした方が大学生活の充実度が高くなってきます。

そんな人に僕が大学生活4年間過ごして、会社員を2年ちょっと経験して思った「大学生のうちにやって良かったこと、やるべきこと、考えるべきこと」を8つ紹介していきます!

少しでも大学生活を充実するための参考になったら嬉しいです!

大学生が卒業までにやるべきこと①:小さな挑戦を繰り返す

大学生が卒業までにやるべきこと①:小さな挑戦を繰り返す

大学生活は小さな挑戦を繰り返すのに絶好のタイミングだと思います。

もし、あなたが何かやりたいこと(部活・サークルでもOK)が決まっているなら、その中で自分に小さな挑戦を毎日与えるようにしましょう。

今の自分よりも1mmでもいいから高いハードルの挑戦を与えてみるんです。

挑戦することで、昨日の自分よりも少しでも良い自分になる。

これを意識して繰り返すだけで、4年後にはやっていない人と大きな差ができています。

 

やりたいことが決まっている人はその中で小さな挑戦をすれば良いと思います。

でも、やりたいことが決まっていない人は、まだやったことないものへの挑戦をしてみてください。

 

僕はコロコロやりたいことが変わっていたので、新しいことへの挑戦を繰り返していました。

それも立派な小さな挑戦です。

まだ未知のものへ手を出す恐怖心もなくなるので、やりたいことがない人はぜひやってみてください。

 

大学生が卒業までにやるべきこと②:会いたい人に会いに行く

大学生が卒業までにやるべきこと②:会いたい人に会いに行く

大学生は"人に会う"ということを積極的にしましょう。

自分が会いたい人に会いに行く。

最初は緊張するかもしれませんし、断られるかもしれません。

でも、大学生というのは失敗しても何も失うものがありませんし、そうやって大人に会うという体験は自分にいろいろなものを与えてくれます。

 

僕は新潟大学に通っていましたが、気になる人がいたら、アポを取って東京にわざわざ会いに行くときもありました。

経営者、フリーランス、自営業者、アーティスト、会社員など多くの人に会いました。

もちろん、会ってみて「なんか思ってた人と違ったなぁ…」ということもありましたが、それも1つの発見です。

そしてそれ以上に、その人に会ったことで自分の考えに良い影響を与えてくれたときもありました

怖がらずに、会いたい人には会いに行ってみてください。

 

大学生が卒業までにやるべきこと③:自分の理想の生き方をとことん考えてみる

大学生が卒業までにやるべきこと③:自分の理想の生き方をとことん考えてみる

大学生というのは「まだ子供」と思ってる人もいるかもしれません。

でも、ほとんどの人が自分の価値観をすでに持っているし、「ここだけは譲れない!」というものをすでに持ってる人が多いと思います。

そんな大学生のうちに考えるべきことが、自分の理想の生き方をとことん考えてみることです。

 

自分はどういう生き方が1番合っていて、何が1番大事なことなのか考えてみましょう。

  • 大好きな人と結婚して2人の時間を大事にしながら暮らす
  • バリバリ仕事して経営者になる
  • お金をたくさん稼いで東京のタワーマンションの最上階に住む
  • 田舎でのんびり暮らしたい
  • 好きなことでお金を稼いで暮らしたい

他にもたくさんの生き方があると思います。

何が自分の理想の生き方なのかとことん考えてみましょう。

そうすれば、自分がどんな能力を身につければいいのかも自然に見えてきます。

 

僕もこの理想の生き方を考えて、今はそれを実現するためにいろいろな活動をしています。

理想の生き方を意識すると、今を大事に使えるようにもなりますよ。

それに、これからの社会の流れを考えると「理想の生き方」を明確にするべきです。

他人の意見は気にせず、自分ととことん向き合って考えてみてくださいね。

 

大学生が卒業までにやるべきこと④:自分の強みを把握する

大学生が卒業までにやるべきこと④:自分の強みを把握する

「自分の強みは何ですか?」

そう聞かれて即答できる人はいるでしょうか?

たぶん、そう多くはないんじゃないでしょうか。

でも、大学生のうちから自分の強みを把握するべきです。

自分の強みを把握することで、自分が何が得意で、何が苦手なのかがはっきりしてきます。

そこで得意なことに特化すれば、周りの人からは考えられないくらいの能力を発揮することができます。

 

ここで注意してほしいのが、自分の苦手なことを克服しようとしないこと。

日本では、苦手なことに挑戦して、それを克服するのが美徳と考える人がまだまだたくさんいます。

でも、自分の苦手なことを人並みにできるようになるより、自分が得意なことを誰もできないくらいのレベルでできるようになった方が良いと思いませんか?

苦手なことは誰かそれが得意な人に任せて、自分が得意なものをもっと伸ばすようにしましょう。

 

また、この自分の強みを把握するためのツールとしてストレングスファインダーというものがあります。

めちゃくちゃ当たりますし、自分の強みをどう生かすかの例も書かれているので、ぜひ使ってみてくださいね!

 

大学生が卒業までにやるべきこと⑤:読書をする

大学生が卒業までにやるべきこと⑤:読書をする

大学生のうちは気になる本はどんどん読みましょう

読書のメリットがいまいちわからない人はこちらを読んでみてください。

僕も大学2年生から、全くと言っていいほどやってこなかった読書を始めました。

最初は「読書なんて意味がない」と思っていました。

でも、読書を続けるうちにその効果がわかってきて、今では空いた時間があれば電子書籍でサクッと読み進めています。

 

大学生のうちはお金もないので、本1冊に1,500〜2,000円も出すのを躊躇するかもしれません。

でも、将来の自分へのプレゼントだと思ってたくさんの本を読んでください。

きっと大学を卒業する頃には「読書をしてて良かった」と思うはずです。

読書に全く興味がなかった僕が言うんだから、間違いありません。

 

大学生が卒業までにやるべきこと⑥:価値観の合う友人を見つける

大学生が卒業までにやるべきこと⑥:価値観の合う友人を見つける

大学生のメリットは、いろいろな価値観を持った同世代の人と多く知り合えることだと思います。

そんな環境で、多くの人の価値観に触れて、「この人、自分の価値観と似てるな」という人を見つけておくことをおすすめします

そういう人は、将来同じような道に進む可能性が高いですし、お互いに有益な情報を交換し合える仲間になります。

社会人になってから見つけても良いのですが、やはり大学時代の友人というのは特別なものです。

 

僕も大学時代にそういう仲間を見つけることができました。

社会人になってもときにはバカなことをしつつ、互いに切磋琢磨できる関係になっています。

ぜひ、大学生のうちにそんな仲間を見つけてください。

 

大学生が卒業までにやるべきこと⑦:海外体験をする

大学生が卒業までにやるべきこと⑦:海外体験をする

大学生のうちに海外体験を1回はしておきましょう

別に、留学するというわけではなく、自分の行きたい国に旅行するので十分です。

海外の異なる文化に触れることで、自分の日本人としての感性、価値観を強く再認識することができます。

 

僕も大学在学中に4ヶ国ほど旅行しましたが、どこに行っても新鮮で、行くたびに新しい発見がありました。

それに、全然知らない国に行った時にトラブルに会うと、何だか他のことはどうにでもなるかなと感じるようになります。

 

僕がタイに行ったとき、全くタイ語が話せず「カタコト英語で何とかなるだろう」と思って現地入りしました。

すると、いきなり道に迷い、全く知らないところで英語の通じる人が見つからず、3時間くらい路頭に迷いました。

そのときは「ああ、宿にもつけないし終わった…」と思いましたが、何とか宿に辿り着くことができ、こうして無事に帰国できています(笑)

 

大学生が卒業までにやるべきこと⑧:複業の準備をする

大学生が卒業までにやるべきこと⑧:複業の準備をする

複業の準備も大学生のうちに進めておきましょう。

実はこれ、僕が大学時代にやらなくて唯一後悔したことです。

これからの時代、大企業に就職したとしても安心できる世の中ではありません。

複業として、自分の力を伸ばして、自分で稼げる分野を作っておくことが1番の安心材料になります。

 

僕は社会人になってから、ブログを始めて、月に数万円稼げるようになりました。

でも、これを大学生のうちに始めてれば…と後悔したことは少なくありません。

社会人になってから、僕は稼ぐことができましたが、中には仕事に追われて時間を確保できていない友人などもいます。

大学生のうちから、何か1つ自分で稼げる武器を作っておくことおすすめします。

 

僕はこのブログからも収益をあげているのですが、「ブログってどうやって稼ぐの?」と疑問に思っている人はこの記事を読んでみてください。

 

まとめ:自分の直感を信じよう!

最後に大学生のうちにやっておくべきことをまとめておきます。

大学生のうちにやっておくべきこと

  1. 小さな挑戦を繰り返す
  2. 会いたい人に会いに行く
  3. 自分の理想の生き方をとことん考えてみる
  4. 自分の強みを把握する
  5. 読書をする
  6. 価値観を合う友人を見つける
  7. 海外体験をする
  8. 複業の準備をする

もちろん、これ以外にもやった方が良いことはあるかもしれません。

あくまで僕の経験から挙げたものです。

自分の直感を信じて、やりたいことをやってみてください。

僕が挙げたものが、みなさんの大学生活が充実するためのヒントになったら幸いです。

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。