「通勤時間が無駄、長い!」と感じる人ができることを考えてみた!




「通勤時間が無駄、長い!」と感じる人ができることを考えてみた!

通勤時間が無駄だ、長いー

そう感じている人が多いのではないでしょうか?

 

総務省の調査では関東大都市圏で働く人の平均通勤時間は片道で約45分という調査結果が出ています。

平均だけでも往復で1時間半ですから、決して少ない時間ではないことがわかります。

あくまで平均ですから、長い人では2時間も3時間もかけている人もいるのではないでしょうか?

 

今回はこの通勤時間を「無駄だ!長い!」と思っている人のために、その時間でできることをまとめました。

また、そもそもの通勤時間を削る方法もまとめたので、ぜひ最後までチェックしてくださいね!

通勤時間は無駄だと感じた実体験

通勤時間は無駄だと感じた実体験

かくいう僕も東京で会社員をやっていて片道50分ほどかかっています。

往復だと100分…

100分あればどれだけいろいろなことができるか…と考えた回数は数え切れません。

会社に行ってもほとんどPCに向かって仕事しているので常に「自宅でやりたい…」と思っていました。

 

通勤が嫌で、副業を始めてフリーランスを目指したこともありました。

こうやってブログを始めてみたり、SNSで発信活動を始めてみたり…

そうしているうちにできることが制限される電車通勤が本当に無駄だと感じていました。

でも同時にそれは1つのメリットかもしれないとも感じたんですよね。

通勤時間が長いことによるデメリット

通勤時間が長いことによるデメリット

通勤時間が長いのは本当に無駄ですし、デメリットが多いです。

ざっと考えただけでも次のようなデメリットが考えられます。

通勤時間が長いことによるデメリット

  1. 通勤することがストレスになる
  2. 睡眠時間が削られる
  3. プライベートの時間がなくなる

デメリット①:通勤することがストレスになる

まず通勤時間が長いとそれだけで大きなストレスになりますよね。

会社の仕事が嫌いではなくても通勤でストレスが溜まり、結果として仕事まで嫌いになってしまう人もいるかもしれません。

さらに電車が満員電車の人はさらにストレスフルでしょう。

満員電車を好きで乗る人はいないと思うので、ストレスが溜まるのは当然ですよね…。

これが週5日もあるので、ストレスにならないようにするのは難しいです。

 

デメリット②:睡眠時間が削られる

通勤時間が長いと、必然的に家をでる時間が早くなり帰宅時間が遅くなります

往復3時間も通勤に費やしているとしましょう。

定時に帰ったとしても仕事9時間(昼休憩込)通勤3時間計12時間も仕事に時間をかけていることになるんですよね。

そうなってくると睡眠時間を削る人が増えてくるんですよね…。

朝の準備の時間、食事、入浴…などやることは多いですから仕方ない部分もあるんですが…。

僕は個人で睡眠コンサルもやっている睡眠の専門家なので、睡眠の大切さは理解しています。

睡眠が削られると、仕事もプライベートもうまくいかなくなるのは明確なので負の循環に陥りやすいです。

 

中には「電車で寝てるもん!」という人もいるかもしれません。

でも睡眠は「時間」で測るものではなく、「質」で測るものです。

電車で座って寝ている時間はとても質の良い睡眠とはいえません。

自分のベッドでしっかりとまとまった質の高い睡眠が大事になってきます。

 

デメリット③:プライベートの時間がなくなる

デメリット②にも似てきますが、必然的に仕事にかける時間が多くなるのでプラベートの時間がなくなります

先ほどの例だと自分の時間が12時間しかないわけです。

そこから睡眠、食事、仕事の準備…などの時間を引くともうプライベートの時間なんてほとんどないですよね。

これが通勤が往復で1時間とかだったらプライベートの時間も2時間も増えることになります。

2時間もあれば自分が好きなことなんでもできちゃいますよね!

 

通勤時間が長いことによるメリット

通勤時間が長いことによるメリット

通勤時間が長いことによるデメリットについて書いてきましたが、実はメリットもあるんじゃないかと僕は思っています。

なぜかというとこんなメリットがあるからです。

▼通勤時間が長いことによるメリット

  1. インプット・勉強の時間には最適
  2. プライベートと仕事の切り替えになる
  3. 1日のスケジュールを立てたり、振り返ったりできる

メリット①:インプット・勉強の時間には最適

電車通勤の人に限りますが、通勤時間は電車に乗りさえすれば、ほぼ自由時間みたいなものです。

それに電車の中でできることって限られてくるので、インプット・勉強の時間には最適なんですよね。

 

家の中にいるとついついテレビ見たり、なにかをつまんだり、YouTube見たりしちゃうと思います。

でも電車の中でそうやってくつろぐことは難しいですよね。

だからこそ読書したり、資格の勉強、自分の好きな勉強をするのに最適なんです。

僕も実感してますが、やることが限られている空間だからこそ集中して取り組めます。

僕は基本的にこの時間を自分のやりたい勉強、電子書籍での読書に当てています。

 

メリット②:プライベートと仕事の切り替えになる

家でのプライベートモードと仕事モードが全然違う人っていますよね?

そういう人って必ず切り替えのタイミングがあると思います。

通勤時間が長いと、その通勤時間でしっかりと切り替えて仕事モード、プライベートモードにできるんですよね。

もちろん人それぞれの切り替えタイミングがあると思います。

でも通勤時間が長い人はなにかのルーティンを通勤時間に作って、うまく切り替えの時間にもできるんですよね!

 

メリット③:1日のスケジュールを立てたり、振り返ったりできる

通勤時間を1日のスケジュールを立てたり、振り返ったりする時間にもすることができます。

出社時間はその日の仕事について整理しておけば、スムーズに仕事に取り掛かれて、早く仕事を終えることができます。

帰宅時間はその日の仕事の振り返り、帰宅後の時間の使い方を整理しておけば有意義な時間が過ごせますよね。

このような時間って意外と大事だったりするんですよね〜。

あまりやっている人はいないので、それだけで周りと差をつけることができるかもしれません。

 

「通勤時間が無駄、長い!」と感じる人ができる解決方法

「通勤時間が無駄、長い!」と感じる人ができる解決方法

メリットを書きましたが、やはり通勤時間を「無駄、長い!」と感じる人が多いと思います。

そういう人にはいくつか解決方法があります。

この中で自分に合う方法を見つけて解決していきましょう。

▼通勤時間を短くする方法

  1. 会社の近くに引っ越しする
  2. 転職を考える

解決方法①:会社の近くに引っ越しする

まずは単純に会社の近くに引っ越しをするという方法です。

実家に住んでいる、誰かとルームシェアしているなどなにかの制約があり会社の遠くから通っている人も多いかと思います。

そういう人は会社の近くで1人暮らしを始めるのも1つの方法だと思います。

もちろん1人暮らしだけど遠くに住んでいる人も会社の近くに引っ越しすれば解決します。

同じ1人暮らしなら会社から近い方がいいですよね!

 

ちなみに新しい物件を探すときはいえらぶというサービスが便利です。

関東圏を中心に約300万件の物件が掲載されているので、きっとお気に入りの物件が見つかります。

解決方法②:転職を考える

2つ目の解決方法としては「転職する」という方法です。

今では多くの企業がリモートワーク、在宅勤務、時短勤務などを推奨しています。

そういった制度を整えている会社に転職すれば通勤時間を気にする必要もないですよね。

 

実は僕もリモートワークができる会社に転職しました。

転職の際は、いくつかの転職サイトを使うことをおすすめします。

僕が使っていた転職サイトはこちらにまとめているので参考にしてください。

また、MIIDAS(ミーダス)というサイトは無料登録するだけで自分の市場価値を年収で出してくれるのでおすすめします。

 

【長い、無駄な通勤時間を有効活用】通勤時間でできること

【長い、無駄な通勤時間を有効活用】通勤時間でできること

通勤時間を解消するための方法をあげましたが、引っ越しも転職もなかなかハードルが高いですよね…。

それならば、通勤時間をそのままにその時間を有効活用することを考えましょう。

例えばこんなことができるのではないでしょうか?

▼通勤時間でできること

  1. 電子書籍で読書
  2. 動画でビジネススキルの勉強
  3. 英語などのリスニング

通勤時間でできること①:電子書籍で読書

まず1番とっかかりやすいのが電子書籍で読書することです。

「電子書籍で」というのがポイントで、電子書籍ならスマホで片手で読めます。

そのため座れないときでもいつも通り読めるわけです。

紙の本に慣れている人もいるかもしれませんが、電子書籍は紙よりも安いです。

しかもアプリを入れればPCタブレットスマホなどのどの端末からでも読むことができます

 

代表的なものとしてAmazonが提供しているKindle、楽天が提供しているKoboがあります。

よく使う方で読書すると、ポイントも溜まりやすくておトクですよ!

 

通勤時間でできること②:動画でビジネススキルの勉強

社会人なら誰でも関係してくるビジネススキルの勉強ができます。

多くの人がビジネススキルを難しいものだと勘違いしているかもしれません。

でも今は動画で気軽に勉強することができるんです。

 

そのサービスを提供しているのがグロービスという会社です。

グロービス学び放題というサービスを使えば1ヶ月1,980円で100コースが学び放題になります。

6ヶ月プラン、12ヶ月プランを選べば月額料金はさらに安くなります。

今なら10日間無料お試しもできるので、この機会にぜひ登録してみてください。

10日間無料が終わった後に課金されないようにする設定も以下の記事で解説しているので、合わせて読んでおきましょう。

 

もう1つ、おすすめしたい動画学習サービスがオンライン講座の通勤講座です。

こちらは資格勉強をメインで学ぶことができます。

行政書士、簿記、中小企業診断士、宅建などの人気資格に加えて、さまざまな資格勉強をすることができます。

無料講座も用意されているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

また動画で勉強するとなると通信量を心配する人もいるかもしれませんが、そんな人にはポケットWi-Fiがおすすめです。

僕も使っているのですが、どこでも気にせず動画が楽しめるので重宝しています。

多くの種類がありますが、僕はBroadWiMAXを利用しています。

理由は1番料金が安いから。

そのカラクリも解説しているので、詳しくはこちらの記事も合わせて読みましょう。

 

通勤時間でできること③:英語などのリスニング

英語のリスニングも通勤時間でできます。

  • 英語やりたいと思ってたけど始められていない…
  • 英語を手軽に始めたい…

そう思っている人もいるのではないでしょうか?

リクルートが出しているスタディサプリ ENGLISHなら英語をオンラインで勉強することができるんです。

しかも月額たったの980円で利用できます。

もちろんリスニングだけではなく、英会話も学べます。

通勤時間でリスニング、帰宅後に英会話、という風にうまく使い分けると英語が早く上達するのではないでしょうか!

「通勤時間が無駄、長い!」と思うなら解決する努力をしよう

「通勤時間が無駄、長い!」と思うなら解決する努力をしよう

「通勤時間が無駄だ!」

「通勤時間が長い!』

そう文句を言ったところでなにも解決しません。

その通勤時間をいかに短くするか、または通勤時間をいかに有効活用するかを考えましょう。

 

ここではいくつか参考になりそうなものをあげましたが、もちろんこれだけではなりません。

自分がやりたいと思っていることが通勤時間に工夫次第でできないのか?

それを考えてうまく時間をコントロールしましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。