【口コミ】箱根温泉の静観荘はのんびり過ごせる最高の宿でした。




【口コミ】箱根温泉の静観荘はのんびり過ごせる最高の宿でした。

こんにちは、こばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

 

2019年の12月中旬に、箱根温泉にある宿「静観荘」に宿泊してきました。

とあるサイトでかなり高評価、かつ客室に露天風呂が付いていたので、パートナーの誕生日祝いも兼ねて宿泊です。

 

箱根に行くのは2回目だったのですが、前回は強羅の雪月花という宿に泊まりました。

もし強羅エリアも探している人がいたら、こちらを参考にしてください!

【口コミ】箱根強羅温泉 季の湯 雪月花をカップルにおすすめする理由

2018年6月30日

 

今回は強羅には行かず、箱根湯本の宿にしようと思い探していたところ見つけたのが静観荘です。

このブログでは、静観荘への宿泊を検討している人、カップルで泊まる宿を探している人のために口コミとして書いていきます。

気になっている人はぜひ参考にしてくださいね!

静観荘を動画で紹介

まずは静観荘の様子を動画で紹介します。

静観荘の部屋の雰囲気、客室の露天風呂、料理などの様子は伝わったでしょうか?

 

料理はどれもこだわって作っているようで、とても美味しかったです。

特にお肉料理のこれ!

静観荘の料理

牛肉のパイ包みのような料理なのですが、本当に絶品だった…!

料理だけを楽しみに行くでもかなり価値があると思いますよ!

 

また、なんと言っても露天風呂が最高でした!

客室についているので、いつでも入れますし、いくらでものんびりできます。

 

この他にも、チェックイン時に出た自家製の羊羹と抹茶が最高だった…!

チェックイン時に出た自家製の羊羹と抹茶

とにかく、担当者の方が丁寧に接してくださったりと、とても良い宿でした。

静観荘をカップルで宿泊するのはどう?

僕は今回、彼女と誕生日のお祝いで宿泊しました。

静観荘にカップルで泊まってみての感想ですが、静かな空間でゆっくりできるのでとてもおすすめです!

 

静観荘は箱根の少し歩いたところにあり、周りも静かなので、部屋ではのんびり過ごすことができます。

また、客室に露天風呂が付いている部屋もあるので、2人でいつでもゆっくり温泉に浸かることができます。

僕は今回「萌黄」という露天風呂付きの部屋に宿泊しました。

「萌黄」という露天風呂付きの部屋

また、彼女の誕生日であることを宿に伝えていたのですが、サプライズのメッセージカードなども頂けて、彼女もとても喜んでいました。

カップルで泊まる宿を検討している人はぜひ静観荘に宿泊してみてください!

静観荘に泊まるなら天気の良い日を狙いたい

もう1つ、特筆すべきことがあります。

それは、静観荘に泊まるなら、天気の良い日を狙いたいということです。

なぜかというと、露天風呂から綺麗な星空が見えるからです。

 

これが本当に綺麗なんですよね…。

温泉に浸かりながら、綺麗な星空を眺められるなんて最高でしたよ!

しかも、僕が宿泊したときはちょうど流星群が通っているタイミングで、5分に1回くらいは流れ星が見えました。

 

人気の宿なので、なかなか天気の良い日を狙って予約するのは難しいかもしれませんが、ぜひその辺りも狙ってみると良いかもしれません。

箱根温泉の素敵な宿、静観荘で素敵な思い出を

箱根温泉の素敵な宿、静観荘で素敵な思い出を

前回の雪月花もかなり良かったのですが、やっぱり箱根温泉は良い宿が多い印象です。

歴史のある温泉街なので、こだわりのある宿が多いんでしょうかね〜。

箱根の街も大好きなので、これからも何度か行くことがありそうです。

また、良い宿を見つけたら記事にしたり、動画にしたいと思います!

 

今回の静観荘こだわりの料理を楽しみたい人や、ゆっくり過ごしたい人にはおすすめですよ!

ぜひ、迷っている人は静観荘を予約してみてください!

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(26歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(26歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。