【ICO】仮想通貨時代の銀行「BANKERA(バンクエラ)」の将来性に期待!




どうも、ブロガーのこばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

 

最近、ICOにどハマりしておりまして、インプットしすぎてアウトプットができていないので、徐々にアウトプットしていきたいと思います!

 

そんな僕が今回紹介するICOがBANKERA(バンクエラ)です。

「ブロックチェーン時代の銀行」を目指すとされていて、まさに仮想通貨が主軸になってきたときの中枢になることを狙っている会社なんです…!

プレICOはすでに終わっていますが、ICOが2月末まで実施していて、まさに僕も1月頭くらいにBANKERAのトークン「BNK」を購入しました。

 

今回は、このBANKERAの概要や将来性、トークン「BNK」の購入方法について書いていきたいと思います。

 

BANKERA(バンクエラ)の概要

BANKERAのホームページを見てもらえれば、わかるのですが、さらにざっくりまとめておきたいと思います。

まず、BANKERAが目指しているものは、最初にも書いた通り「ブロックチェーン時代の銀行」です。

今の銀行が担っている、決済、ローンと預金、投資などの機能をブロックチェーンを使った技術で塗り替えようとしています

このコンセプトだけでめちゃくちゃワクワクしませんか…!

 

今の銀行って、言い方悪いかもしませんが、既得権益の上であぐらをかいてる状態だと思うんですよね。

そのくせ、メガバンクでは口座維持費を取るとか言い出しているし…。

そんなぬるま湯に浸かっている銀行をブロックチェーンの技術を使って駆逐してやろうという魂胆が僕には見えました!(幻想かな…?)

 

それと、BANKERAは仮想通貨の取り扱いだけじゃなく、法定通貨、仮想通貨を含めた通貨の交換もシームレスに行っていこうとしています。

実際にすでに作られているSpectroCoinというウォレットでは、ビットコイン、イーサリアム、ネムなどの仮想通貨に加えて、ドル、ユーロも預けて、通貨を交換することが可能です。

 

BANKERA(バンクエラ)の将来性

続いて、BANKERAの将来性についてです。

僕の勝手な推測ですが、将来性はめちゃくちゃ高いです。

僕がトークンを購入しているので、願望が少し滲み出ていますが、将来性に期待しているのにはちゃんと理由があります。

まず、将来性の指標になるBANKERAのロードマップですが、ざっくりこんな感じです。(HPが見やすいです)

ITインフラの開発完了
 ↓
プレICO完了
 ↓
ウォレット機能完了
 ↓
ICO(2017/11/27-2018年2月末) ※記事執筆時ココ!
 ↓
取引所公開(2018年上半期)
 ↓
バンキング機能(2019年前半)
 ↓
投資ソリューション(2019年後半)
 ↓
新たな通貨(2020年)

現在、ウォレット機能を開発完了し、ICO中真っ只中です。

2018年には取引所公開を控えていて、その後はバンキング機能、投資ソリューションなどのサービスを展開していくというロードマップになっています。

これは、まだまだ構想段階のようですが、世界中のほとんどすべてのATMで現金を引き出せるように提携していくという発表もあります。これが実現したらすごい…!

 

そして、もう1つ注目したいのが、BANKERAのプロジェクトのアドバイザーとして就任しているロン・ウォン氏の存在です。

「誰だこのおっさん?」と思う人もいるかもしれませんが、NEM.io財団の代表取締役社長なんです!

さすがにNEMについて知らない人はいないと思いますが、あのNEM財団のトップも注目するプロジェクトというだけあって、かなり信用度も高いです。

追記(2018/2/4)

BANKERAの勢いが止まりません!

  • ICOで95,000,000ユーロ調達
  • パシフィックプライベートバンクの買収

これからもどんどん新しいニュースが出てくるかもしれません。

何か情報が入り次第、追記していきたいと思います!

 

BANKERA(バンクエラ)のトークン「BNK」の購入方法

そんなBANKERAですが、現在、ICO真っ只中でトークン「BNK」を販売しています。

このBNKトークンなのですが、持っているだけでICO期間中のBANKERAの純利益の20%を配当として受け取ることができます!

もちろん、持っているトークンの量によって受け取れる配当も変わってくるのですが、20%も還元しているなんて太っ腹…!

BANKERA自体がロードマップ通りに大きくなっていけば、トークンの価値もどんどん上がると僕は読んでいます。

 

BNKは、SpectroCoinというBANKERAが出しているウォレット機能を備えたサービスに登録して、ビットコインやイーサリアムを送金して購入することができます。

簡単に購入までの流れをまとめておきます。

  1. SpectroCoinに登録する。
  2. CoincheckZaifからビットコインかイーサリアムをウォレットに送金する。
  3. 送金した仮想通貨とBNKトークンを交換する。

これでBNKトークンを取得できます!

細かいところでわからないことがある人は、僕のTwitterのDMからメッセージをくれれば、答えたいと思うので、気軽に聞いてくださいね!

 

最後になりますが、これはICOなので、もちろんBNKの価値がゼロになる可能性もあります。

BNKを購入する際は、自己責任でお願いします!

【仮想通貨】BANKERAに続くか?CryptoBank(CBANK)の将来性に期待大!

2018.01.16

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。