LGの「27UL850-W」をレビュー!Macにおすすめのディスプレイはこれ!




【Macにおすすめ】LG液晶ディスプレイ「27UL850-W」を徹底レビュー!

こんにちは、こばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

こんな人におすすめの記事です
  • Macにおすすめのディスプレイを探している
  • Mac推奨のUltra Fine 5K Displayは値段が高くて手が出せない…
  • ディスプレイを導入して生産性を爆上げさせたい

そんな悩みを抱える人におすすめなのが、LGが出している4Kディスプレイ「27UL850-W」です!

27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/USB Type-C、DP、HDMI×2/スピーカー/FreeSync/高さ調節、ピボット

 

僕は普段からMacBookProを使っているのですが、今までディスプレイを使ってきませんでした。

ただ、やはりブログを書くにも、動画編集するにも、テレワークをするにも、デュアルディスプレイの方が生産性が上がるのは間違いないんですよね。

そのため、MacBookと相性の良いディスプレイを探していて見つけたのが「27UL850-W」です。

 

Macのディスプレイと言えば、Appleが推奨していて、AppleStoreでも買えるLGのUltra Fine 5K Displayが有名です。

ただ、このディスプレイ15万円近くするんですよね…。

こばりょー
ちょっと高すぎやしないか…?

と、思ってしまい、5Kの高解像度はいらないかなと思ったので、4Kでコスパ良しのディスプレイにたどり着きました。

 

今回は「27UL850-W」を実際に使ってみてのレビュー、そしてMacユーザにおすすめの理由も解説していきます。

ぜひ、Macと相性の良いディスプレイを探している人、「27UL850-W」が気になっている人は最後まで読んでいってくださいね!

Apple推奨の「Ultra Fine 5K Display」ではなく「27UL850-W」を選んだ理由

Appleは推奨ディスプレイとして、LGのUltra Fine 5K DisplayをAppleStoreで販売しています。

こばりょー
Appleが推奨しているくらいだし、最高のディスプレイなんだろうなぁ…

と思いつつも、以下の4つの理由から、僕はUltra Fine 5K Displayではなく、「27UL850-W」を選びました。

「27UL850-W」を選んだ理由
  1. 5K映像ではなく、4K映像でも十分だと思った
  2. 価格がUltra Fine 5K Displayの半額以下だった
  3. 同じLG製品でデザインも遜色なかった
  4. リセールバリューが100%近くだった
こばりょー
それぞれ詳しく見ていきましょう!

 

①5K映像ではなく、4K映像でも十分だと思った

まずは、5K映像も必要ないんじゃないかと思ったことです。

僕がPCを使うときにやることはだいたいこの4つになります。

PCでやること
  • ブログの執筆
  • Vlogの動画編集
  • プログラミング
  • ちょっとした調べもの

ごりごりにデザインの仕事や凝った映像を編集している人ならまた違うかもしれません。

でも、「僕のこの用途で5K映像必要か…?」と思い、不要と判断しました。

 

あと、実は会社に5Kの映像が映るモニターがあるのですが、ぶっちゃけ5Kと4Kで違いがわからなかったというのものあります。

僕の美的センスの問題かもしれませんが、パッと見の違いがわからないのであれば必要ないですよね(笑)

このあたり、技術が人間の能力を超えてきているのかと少し不安になりますが…。

 

②価格がUltra Fine 5K Displayの半額以下だった

2つ目の理由は、「27UL850-W」がUltra Fine 5K Displayの半額以下だったことです。

2つのディスプレイのモニターはだいたいこれくらいです。

ディスプレイの値段

「27UL850-W」約60,000円

Ultra Fine 5K Display約150,000円

なんとUltra Fine 5K Displayが1台で、「27UL850-W」を2.5台買えてしまいます。

こばりょー
5Kってそんなに価値があるのかな…

なんて思ってしまったのは秘密ですが、そこまでして5Kのディスプレイを選ぶ必要がなかったので、「27UL850-W」を選びました。

 

③同じLG製品でデザインも遜色なかった

3つ目の理由は、同じLG製品でデザインも遜色なかったことです。

2つを並べてみると、違いと言えば、支柱の部分だけです。

「27UL850-W」とUltra Fine 5K Displayでデザインも遜色なかった

画面サイズも同じ27インチですし、画面の周りの幅はむしろ「27UL850-W」の方が無駄がなくデザインが洗練されているようにも見えます。

 

ディスプレイを探していて思ったのですが、ディスプレイってダサいデザインが多いと思いませんか?

その中でもLGのこの2つはかなりデザインが洗練されていて、「27UL850-W」がUltra Fine 5K Displayと遜色なかったのは嬉しいポイントです。

こばりょー
ずっと見るものなので、デザインにはこだわりたいですよね!

 

④リセールバリューが100%近くだった

最後の理由は、少し気にしていたリセールバリューが100%近くだったことです。

リセールバリューとは?

中古で売ったときに売れる値段のこと。

簡単に言うと、メルカリとかで売ったときの値段。

最近、モノを買うときに少し気にしています。

仮に気に入らなくて売ったり、不要になって売るときに値段が高いと、なんか安心しませんか?

こばりょー
ケチ臭いとか言わないで…

 

さて、「27UL850-W」のリセールバリューですが、だいたい5万円くらいです。

このメルカリの画像を見てください。

「27UL850-W」はリセールバリューが高い

6.5万円で売れているのはなぜだろうと思いましたが、だいたい5万円くらいで売れていることがわかります。

6万ほどで買えるので、なんと定価の約80%くらいの値段で中古品が出回っているのです。

 

しかも、僕の場合、楽天でお買い物マラソン&SPUを駆使して買ったので、ポイントが30%ほどもらえてます。

こばりょー
あれ、これせどりで転売すれば儲かるやつじゃ…

と思えるくらいのリセールバリューなので、これも1つの理由で購入を決めました。

27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/USB Type-C、DP、HDMI×2/スピーカー/FreeSync/高さ調節、ピボット

 

ちなみに楽天経済圏についてわからない人はこちらの記事をどうぞ。

ポイント効率最強の楽天経済圏とは?どっぷり浸かる僕が解説します!

2019年1月6日

楽天経済圏を駆使すると、Amazonよりもお得に買い物ができます。

LGの「27UL850-W」がMacユーザにおすすめできる2つの理由

「27UL850-W」をMacユーザにおすすめできるのには2つ理由があります。

Macユーザにおすすめの理由
  1. Type-Cケーブル1つで映像出力&充電ができる
  2. MacBookと使っていても違和感のないデザイン
こばりょー
この2つの理由でMacユーザにおすすめです!

 

①Type-Cケーブル1つで映像出力&充電ができる

Macを使っていて外せないポイントと言えば、Type-Cケーブルが使えるかどうかではないでしょうか?

でも、ほとんどのディスプレイがHDMI端子の接続なんですよね。

HDMI端子の接続だと、Mac側に変換アダプタを用意しないといけません。

毎回繋げるたびに変換アダプタを用意しないといけないのはかなりストレスですよね。

 

Apple推奨のUltra Fine 5K Displayはそうなのですが、Type-C端子に対応していて、Macに繋げるときにストレスなく繋げます。

「27UL850-W」もType-Cに対応しているので、変換アダプタもいりません。

しかも、ディスプレイとType-Cで接続するだけで映像出力Macの充電の両方ができます。

Type-Cのケーブル1本で完結するので、机の上もごちゃごちゃしません。

「27UL850-W」はコードがごちゃごちゃしない

これはMacユーザからしたらめちゃくちゃ嬉しいポイントですよね。

 

②MacBookと使っていても違和感のないデザイン

機能面ではないのですが、「27UL850-W」はMacと使っていても違和感のないデザインです。

無駄な余白のないディスプレイ、Macのような材質の支柱のおかげで、Macとマッチするデザインになっています。

「27UL850-W」のデザイン

もちろん機能も大事なのですが、ずっと見て使うものなので、違和感のないデザインは重要なポイントです。

「27UL850-W」はデザイン重視でディスプレイを探している人にもおすすめのディスプレイになっています。

27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/USB Type-C、DP、HDMI×2/スピーカー/FreeSync/高さ調節、ピボット

 

「27UL850-W」を徹底レビュー!

それでは、「27UL850-W」を徹底レビューしていきます。

こばりょー
開封〜設置の中で迷ったポイントも記載しているので、購入後も参考にしてくださいね!

 

まずは存在感のある外箱、デザインが美しいです。

「27UL850-W」の外箱

中身を取り出すとこんな感じです。

「27UL850-W」の中身

他にもHDMIなどのケーブル類がありましたが、今回使うのはこれくらいです。

 

早速、組み立ててデスクに置いてみました。

僕のMacBookPro13インチと比べるとこれくらいの大きさです。

「27UL850-W」の画面の大きさ

ディスプレイをちょっといじってみます。

これが高さを一番高くした状態です。

「27UL850-W」を最大にしたとき

一番低くするとこんな感じです。

「27UL850-W」を最小にしたとき

高さが変えられると、自分の目線に合わせられるので疲れにくくなっていいですよね。

 

あと、ディスプレイは縦にすることもできます。(ウェブサイトの閲覧とかに便利)

「27UL850-W」のディスプレイを縦にしたとき

実際に繋げて配置してみました。

「27UL850-W」を配置

僕はMacBookを使う際に台を使っていて、真後ろに配置すると一番高くても被ってしまうので、横に配置して使うことにしました。

台がなければ、ディスプレイを一番高くすると、ぴったり収まりますよ!

 

配線はこんな感じです。

「27UL850-W」の配線

Macと繋げるType-Cのケーブル、ディスプレイの電源ケーブルだけで済むのでかなりスッキリしています。

27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/USB Type-C、DP、HDMI×2/スピーカー/FreeSync/高さ調節、ピボット

 

「27UL850-W」がもっともお得な価格で買えるのはどこ?

「27UL850-W」良い!これが欲しい!

そう思ってくれた人もいるかもしれませんが、最後に一番お得に買えるECサイトをチェックしておきましょう。

 

それぞれのECサイトでだいたいこれくらいの値段でした。

それぞれのECサイトを比較

Amazon:58,000円

楽天市場:61,000~65,000円

Yahoo!ショッピング:61,000~65,000円

※2020/2/10時点の値段です。今の値段が気になる人はリンクから開いて確認してください。

やっぱり、Amazonが最安値ですね。

ただ、ここに各ECサイトのポイント還元などが絡んでくるとまた変わってきます。

僕は楽天のヘビーユーザでポイントが25%近く還元されるときに買ったので、実質50,000円くらいで楽天市場で購入しました。

楽天経済圏を駆使すると、めちゃくちゃお得に買えるのでおすすめです。

ポイント効率最強の楽天経済圏とは?どっぷり浸かる僕が解説します!

2019年1月6日

 

特にポイントとかに興味がない人は、最安値のAmazonで購入すると良いでしょう。

27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/USB Type-C、DP、HDMI×2/スピーカー/FreeSync/高さ調節、ピボット

 

LGの「27UL850-W」ディスプレイで生産性を爆上げしよう

「27UL850-W」を購入してから、僕の引きこもり度合いが上がりました。

前までは集中できないとカフェに行ったりもしていたのですが、「27UL850-W」が届いてからは、カフェを使っていません。

それくらい、作業効率も上がりますし、快適に作業をすることができます。

 

デュアルディスプレイにすることで作業効率が9%~50%くらい上がるという研究結果もあります。(マイクロソフトの研究)

これだけ上がるなら、50,000~60,000円の出費もすぐに取り戻せそうですね。

ぜひ、「27UL850-W」を使って生産性を爆上げさせましょう。

27インチ/4K/DisplayHDR400/IPS非光沢/USB Type-C、DP、HDMI×2/スピーカー/FreeSync/高さ調節、ピボット

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(27歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(27歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。