どうやら僕は生まれたときから命を狙われていたようだ。




僕は新潟のただただ平凡で、幸せな家庭に生まれた。

普通に両親を持ち、兄弟もいた。

衣食住にも特に困らない。

ただ、幸せだった。

 

そのときはまだ知らなかった。

あいつが…

Z・Sが僕の命を狙っていたとは…

まさか僕の命が狙われていたなんて思わなかった幼少期

僕は幸せな家庭ですくすくと成長した。

それはそれは、成長しすぎるくらいに成長した。

 

その様子をZ・Sはいつも見ていたんだ。

おそらく僕が生まれたときから見ていたんだ。

チャンスを伺い、その機を辛抱強く待っていたのだろう。

 

僕はまだこのとき、Z・Sが僕の命を狙っているとは知る由もなかった。

異変を感じ始めたのは中学生の頃だった

すくすくと成長した僕は、中学生の3年間で身長が約30cmも伸びた。

僕は身長が伸びたことが純粋に嬉しかったのを今でも鮮明に覚えている。

 

そんな様子を見ながら、Z・Sは笑みを浮かべていたに違いない。

僕を殺すチャンスが着々と近づいていたのだから…

そしてついにそのときはやってきたのだった…

 

ある日の朝のことだ。

僕がいつも通り起きて台所に向かう。

すると、僕の頭をなにかがかすめた!

頭に痛みが走る。

「やばい…!」

僕はとっさに身を低く構えた。

 

 

狙われている…!

間違いない。

Z・Sは僕の命を狙って、頭に攻撃を仕掛けてきたのだった。

運よく頭をかすめただけで、そのときは軽傷で済んだ。

しばらくすると、Z・Sの気配は消えていた。

 

最大のチャンスをやつは逃した。

しかし、僕への攻撃は止むことがなかった。

その日から、僕の命を狙うZ・Sとの戦いは始まったのだ。

 

あいつは僕が生まれたときから命を狙っていた

今思えば、あいつは僕が生まれたときから命を狙っていたのだろう。

僕が生まれ、あそこまで成長するのをじっと待っていたのだろう。

僕がこの世に生まれたときから、Z・Sとこんな関係になることは運命だったのだろう。

 

実は今もZ・Sとの戦いは続いている。

もうかれこれ10年くらいになるが、なんとか命を落とさずにここまでこれた。

この先も僕が生きている限り、Z・Sは僕の命を狙い続けてくる。

僕は生きている限り、Z・Sと戦い続けなければならない。

 

どんどん増える暗殺者

Z・Sは1人ではない。

日に日にやつは仲間を増やし続けている。

そして、その全員が僕の命を狙っているのだ。

僕は今日もどこかに生まれているであろう暗殺者に命を狙われることになる。

 

頼むからこれ以上、僕を苦しめないでくれないか…

頼むからこれ以上、数を増やさないでくれないか…

頼むから、天井は2m以上にしてくれないか…

頼むから、そんな低いところに障害物を作らないでくれないか…

 

頼むよ…頭上の障害物…。

 

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。