ニクソンのリュックなら容量大の「LANDLOCK III BACKPACK」がおすすめ!




ニクソンのリュック「LANDLOCK III」を社会人におすすめする理由
  • ニクソンのリュックってどれが良いの?
  • ニクソンのリュックはどれくらいの容量なの?
  • ニクソンの「LANDLOCK III BACKPACK」ってどうなの?
  • 社会人でも気軽に背負えるリュックがほしい!

そんな人がこの記事を読んでくれているのではないでしょうか?

今回は、そんな人のために社会人の僕が大学生の頃から愛用しているニクソンのリュックサック「LANDLOCK III BACKPACK」を紹介したいと思います。

かれこれ3年ほど愛用しているので、使い心地から容量機能など紹介していきたいと思います。

そして、社会人にこのリュックをおすすめする理由について書いていきます。

ぜひ、最後まで読んでいってくださいね〜!

社会人にニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」をおすすめする理由

最近、街中でリュックを背負っている社会人が多いですよね。

スーツ姿のサラリーマンから、休日の公園、都会のど真ん中…様々なところで見かけます。

そのため、社会人にも合うリュックを探している人も多いかもしれませんね。

そんな人におすすめしたいのが、僕もずっと愛用しているニクソンのリュックサック「LANDLOCK III BACKPACK」です。

次の2つの理由から、僕はおすすめします。

▼LANDLOCK III BACKPACKをおすすめする理由

  1. 用途が幅広い
  2. シンプルなデザイン

1つずつ見ていきましょう!

 

LANDLOCK III BACKPACKをおすすめする理由①:用途が幅広い

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」はめちゃくちゃ用途が幅広いです。

僕が使っている、使ったことある用途は次の通りです。

▼LANDLOCK III BACKPACKの用途

  • 普段使い(買い物、カフェ、デートなど)
  • 国内旅行&海外旅行
  • アウトドア
  • 帰省
  • 仕事

とにかく何でも使える…!

というか使っている…!

後にも書きますが、デザインがシンプル&容量が大きく、その割に見た目はコンパクトなので用途が絞られることが少ないんですよね。

 

パッと見はコンパクトで荷物があまり入らないようにも見えるのですが、意外と入ります。

僕が1番多く荷物を入れたのが、タイの旅行に10日間行った時です。

出かける前は「さすがに、別のリュックで行かなきゃかな…?」と思ってたのですが、荷物を入れてみると、入る入る…!

結局、タイの旅行に10日間、このリュックのみで行けちゃいました。

しかも、LCCの荷物検査の大きさにも収まるので手荷物の追加料金を払う必要もありませんでした。

 

LANDLOCK III BACKPACKをおすすめする理由②:シンプルなデザイン

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」はデザインがシンプルです。

そのおかげで、幅広い用途で使っても違和感ないんですよね。

基本的には黒一色のデザインで、背面部にニクソンのマークが白で書かれているだけのデザインです。

余計な装飾もありません。

用途を選ばないシンプルなデザインは、どんな服にも合います。

ただ、ジャケットのようなフォーマルな服にはさすがに合わないですけどね…。

3年使ってわかった!ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」の機能&魅力

僕はこのニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」を大学生の頃に購入して、かれこれ3年ほど使用しています。

3年も使っていると「あ、この機能便利だな」とか「こんな魅力があるのか〜!」と気づくことも多いです。

そこで、僕が3年使ってわかったニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」の機能や魅力について迫っていきたいと思います!

▼LANDLOCK III BACKPACKの機能&魅力

  1. サイドについているチャック式の開閉口
  2. 中にある仕切り
  3. リュックに収まらない長いものを固定できるベルト
  4. 5年使っても損傷のない耐久性
  5. これだけ便利で10,000円前後の圧倒的なコスパ

この機能&魅力も1つずつ詳しく見ていきたいと思います!

 

LANDLOCK III BACKPACKの機能&魅力①:サイドについているチャック式の開閉口

リュックって普通、こんな感じで上から開けてモノを出し入れしますよね。

ニクソンのリュック「LANDLOCK III」の出し入れ①

上のカバーを外して、口を開けて…

ニクソンのリュック「LANDLOCK III」の出し入れ②

こうですね。

ただ、開けるの面倒だし、口も小さいのでリュックの奥に入ったものとか取れないんです。

買い物で財布とか小さいもの取り出すときも面倒だし、大きいものを出し入れするときに不便なんですよね…。

でも、ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」なら、そんな悩みも解決できます。

なぜかというと、リュックのサイドにチャック式の大きな開閉口があるからなんです!

ニクソンのリュック「LANDLOCK III」の出し入れ③

これがめちゃくちゃ便利で、買い物で財布出すときにもすぐに取り出せますし、大きなPCとかもすっぽり入るんですよね。

それに、買い物で財布を出すときにものすごいスムーズです。

リュックを左肩だけ外して開けることができるので、リュックを下ろす必要もないんです。

正直、このサイドの開閉口を使い始めてから上の開閉口まったく使ってないです。

 

LANDLOCK III BACKPACKの機能&魅力②:リュック内にある仕切り

リュックの中って、いろいろなモノ入れてると、ごちゃごちゃしてきますよね。

僕も泊まりでよくこいつを使っているのですが、泊まりって小物が多いので、ごちゃごちゃしちゃうんです…。

そんなときに便利なのが、リュック内にある仕切りです。

ニクソンのリュック「LANDLOCK III」の機能&魅力「リュック内にある仕切り」

写真だと少し見にくいからもしれませんが、背中と水平に1枚の仕切りがついています。

これが意外と便利で、リュックの中がごちゃごちゃしているときに仕切りの片方に大事なモノ、すぐ取り出したいモノを入れておけば、すぐに取り出せるんです。

僕はいつも財布やPCはこの背中側に入れてすぐ取り出せたり、傷がつかないように気をつけています。

 

LANDLOCK III BACKPACKの機能&魅力③:リュックに収まらない長いものを固定できるベルト

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」には背面に2つのベルトがついています。

ニクソンのマークの上下についているこれです。

ニクソンのリュック「LANDLOCK III」の機能&魅力「リュックに収まらない長いものを固定できるベルト」

飾りのようにも見えるのですが、実はかなり実用的なんです。

僕はよくテニスをしに行くときにこいつを使っているのですが、テニスラケットはさすがにリュックに入りません。

そこで、このベルトが役立つわけなのですが、こんな感じで固定することができます。(黒で見にくくてすいません…)

ニクソンのリュック「LANDLOCK III」の機能&魅力「長いものを固定できる」

この他にも、アウトドアで使う寝袋などもこの背面に固定することができます。

僕はスケボーをやらないですが、スケボーを固定している人を街中で見かけたことがあります。

「普段持ち歩くけど、長くてリュックにはとても入らないから諦めてる…」なんてモノも固定できるので便利な機能です。

 

LANDLOCK III BACKPACKの機能&魅力④:3年使っても損傷のない耐久性

僕はこのニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」を3年ほど愛用していて、普段使いから、国内・海外旅行、アウトドアなど幅広く使っています。

僕が大事に使っていることもあるかもしれませんが、今のところ目立った損傷はありません

もちろん多少の汚れなどはついているのですが、どこかのヒモが千切れたとか、チャックが閉まらなくなった、なんてことは起きていません

それだけしっかりした作りになっているので、ガツガツ使って行きたい人も長く愛用できるはずです。

僕もまだまだ使っていきたいと思います!

 

LANDLOCK III BACKPACKの機能&魅力⑤:これだけ便利で10,000円前後の圧倒的なコスパ

①〜④で便利な機能&魅力を語ってきましたが、気になるお値段も魅力的です。

これだけ便利な機能&魅力があって、なんと10,000円前後で購入することができます。

僕がこの記事を書いているときはAmazonで7,000円ほどで販売されているのが最安値でしたね。

メーカーの希望小売価格が12,000円ほどなのでめちゃくちゃ安くなってる…!(ちなみに僕が購入したのは9,800円です…もうちょい安く買えたかな…)

基本的にはAmazonが1番安く販売されている印象です。

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」のデメリット

おすすめなので、散々褒めちぎってきたニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」ですが、もちろんデメリットもあります。

どんなモノでもそうですが、まったくデメリットのないモノなんてほとんどないんですよね…。

LANDLOCK III BACKPACKのデメリット

  1. バックパックにしては少し小さめ
  2. 普段使いにしては少し大きいかも…?
  3. 街中で人と被ることが多い

このデメリットも参考にした上で購入を検討してください…!

 

LANDLOCK III BACKPACKのデメリット①:バックパックにしては少し小さめ

僕はニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」だけでタイへ10日間旅行に行ったことがあるのですが、それでも荷物はパンパンでした。

そのため、もう少し長期でリュック1つで旅行に行きたい人には少し小さめかもしれません

もちろん、そこまで長期で旅行に行く人は自分なりのスタイルを確率していると思うのですが、これからそういう旅をするために愛用するリュックを探している人はもっと大きめのバックパックを探したほうが良いかもしれません。

あくまで、ちょっとした旅行のバックパックとしては優秀だと認識してください。

 

LANDLOCK III BACKPACKのデメリット②:普段使いにしては少し大きいかも…?

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」はそこそこの容量があります。

タイに10日間旅行に行けるくらいですからね。

そのため、普段使いでは少し大きいと感じる人がいるかもしれません

僕は普段、PCと財布だけ、というときにもコイツを愛用しているのですが、確かに中を見るとスカスカです。

でも、見た目はコンパクトですし、何か急に荷物が増えたときに収納するスペースがあるので僕は「むしろメリットじゃないか…?」とも感じています

荷物を入れたときに、カバンの中がスカスカなのが気になる人もいるかもしれないので、デメリットとして上げておきました。

 

LANDLOCK III BACKPACKのデメリット③:街中で人と被ることが多い

こればっかりは…

こればっかりは仕方ないんですよね…

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」は、これだけ機能的なリュック&コスパ良しなので、人と被ることが多いです。

僕も何回被っている人を見たことか…。(たぶん、向こうも同じこと思ってますね…)

人との被りが気になる人は、このことは忘れずに購入を検討してください。

ニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」の機能、魅力、容量、メリット、デメリットまとめ

最後にニクソンのリュック「LANDLOCK III BACKPACK」のポイントをまとめておきたいと思います。

社会人におすすめする理由

  • 用途が幅広い
  • シンプルなデザイン
機能、魅力、容量など

  • サイドについているチャック式の開閉口
  • 中にある仕切り
  • リュックに収まらない長いものを固定できるベルト
  • 3年使っても損傷のない耐久性
  • これだけ便利で10,000円前後の圧倒的なコスパ
  • タイに10日間の旅行ができるほどの大容量
デメリット

  • バックパックにしては少し小さめ
  • 普段使いにしては少し大きいかも…?
  • 街中で人と被ることが多い

気になる人はぜひ購入を検討してみてくださいね!

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。