慢性的にお金がない人がすべきこと!原因と対応策を解説します!




慢性的にお金がない人がすべきこと!原因と対応策を解説します!
慢性的にお金がない…

 

給料日前はもちろん、給料が入ったと思ったのにすぐにお金がなくなる…

そんな悩みを持っている人がこの記事を読んでくれているのはないでしょうか?

 

別に大きい買い物をしているわけでもないのにお金がなくなってしまうとどこにお金が消えてしまっているのか不思議に思いますよね。

でも、実は大きい買い物だけではなく、普段のお金の使い方のせいでお金がなくなってしまっているかもしれません。

つまり、日々のお金を使う習慣を見直していけば、自然とお金が手元に残るようになるのです。

手元にお金が残れば、将来のための貯蓄や投資にもお金が回せます!

 

今回は「慢性的にお金がない…」と悩んでいる人がすべきことについてまとめていきます。

慢性的にお金がなくなる理由、その対応策を書いていくので、この記事に書いてあることを実践していけば、慢性的にお金がなくなる状態から脱却できるでしょう!

ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

「慢性的にお金がない」状態になる(金欠になる)6つの理由

なぜ慢性的にお金がない状態に陥ってしまうのでしょうか?

その理由は6つあります。

慢性的にお金がない状態に陥る6つの理由

  1. 収入と支出を把握できていない
  2. お金の使い方がわかっていない
  3. お金はあるだけすべて使って良いものだと思っている
  4. 浪費やギャンブルの癖がついてしまっている
  5. モノを買うことが幸せだと思っている
  6. 固定費を削ろうという意識がない

これが重なって、結果的に無駄な支出やお金の使い方をしてしまい、お金がない状態になってしまうのです。

それぞれ詳しく解説していきます!

 

原因①:収入と支出を把握できていない

まず大前提として、なぜ慢性的にお金のない状態になってしまうかというと、収入と支出を把握できていないからです。

冷静になって考えてみましょう。この式に疑問を感じる人はいるでしょうか?

手元に残るお金 = 収入 - 支出

さすがにいないですよね?

つまり、収入を把握して、支出を把握することができていれば手元に残るお金をコントロールできるはずなんです。

 

慢性的にお金がない人はおそらくどちらかを把握できていません。

  • 可処分所得(使えるお金)を把握していないせいで、それ以上のお金を使ってしまう
  • 月々の支出を把握していないせいで、収入以上にお金を使ってしまう

どちらかの状態になっているはずです。

それが原因で、慢性的にお金がない状態になっているのでしょう。

 

原因②:お金の使い方がわかっていない

2つ目の原因としては、お金の使い方がわかっていないことです。

なに言ってるんだ!普段お金使っているじゃないか!

という反論もあるかもしれませんが、そういうわけではありません。

 

あなたは、お金の使い方に種類があることを知っているでしょうか?

お金の使い方の3種類

  • 消費:生きていくために必要なお金
  • 浪費:使うだけで自分に何も返ってこないお金(むしろマイナス…?)
  • 投資:使ったお金が自分にとってプラスになって返ってくるお金

実は多くの人がこの3つのお金の使い方を意識してお金を使っていません。

そのせいでなんとなくお金を使う機会が増えて、本当は必要ないものにお金を払ってしまうのです。

この3つのお金の使い方を意識するだけで、無駄な支出はどんどん減っていくはずです。

 

原因③:お金はあるだけすべて使って良いものだと思っている

3つ目は意識の問題で、お金はあるだけすべて使って良いものだと思っていることです。

給料日などに入ってきたお金をそのまま1つの口座で管理して、そこにあるだけ使ってしまうというのがこの典型です。

生活に必要なお金(家賃、水道光熱費、通信費など)貯蓄・投資用のお金普段の生活で利用するお金、などに分けるだけでも意識が変わってくるはずです。

でも、1つの口座で管理しているがために「まだあるから使おう」という考えになってしまうのです。

 

もし、1つの口座で管理してしまっているなら、複数の口座を使い分けることをおすすめします。

その口座もネット銀行が手数料などもかからないので、ネット銀行を利用しましょう。

メガバンクとは違い、窓口に行く必要もなく、ネットで簡単に開設できます。

 

おすすめは僕も利用している楽天銀行です。

アプリで簡単に管理できますし、楽天経済圏で他のサービスと併用することでさらにお得に使うことができます。

もちろん、口座の開設手数料や維持費用なども無料です。(メガバンクは口座維持手数料を導入するという話もありますね…)

ぜひこの機会に開設してしまいましょう。

楽天銀行

 

原因④:浪費やギャンブルの癖がついてしまっている

4つ目の原因は、浪費やギャンブルの癖がついてしまっていることです。

浪費やギャンブルはお金の使い方の中でも最悪なお金の使い道です。

自分に何も返ってこず、むしろマイナスに働く可能性まであります。

もし、パチンコ・競馬などに毎月のように手を出してしまっている人は今すぐやめましょう。

それをやめるだけでも、慢性的にお金がない状態にはならないでしょう。

 

原因⑤:モノを買うことが幸せだと思っている

5つ目の原因は、モノを買うことにお金を使い、それが幸せに繋がると思っていることです。

モノなんて誰も買うだろう!そのなにがいけないんだ!

 

そう思う人もいるかもしれません。

でも、実はモノを買うことで感じる幸せはその買った瞬間だけなんです。

よく周りを見回してみると、買ってから全然使っていないモノで溢れてないでしょうか?

そんな買うときだけの満足のためにモノを買うお金をなくせば、それだけで慢性的にお金がない状態にならないはずです。

 

実は、僕も不要なモノを買うような生活をしていたのですが、今ではモノが少ない生活を送っています。

ミニマリスト的な思考でモノを減らし始めて1年経ちました。

2019.02.20

モノを減らす前は、モノがない生活で本当に大丈夫か心配だったのですが、今は毎日スッキリとした生活ができています。

 

原因⑥:固定費を削ろうという意識がない

6つ目の原因は、固定費を削ろうとする意識がないことです。

固定費は毎月かかってくる費用です。

  • 家賃
  • 毎月課金のサービス
  • 携帯代などの通信費
    etc...

これらをできるだけ安くし、無駄なサービスなどは削る必要があります。

 

例えば、携帯代で見ていきましょう。

お金がないというあなた、もしかしてキャリア(au、docomo、softbank)の回線を使っていませんか?

もし使っているなら、今すぐに格安SIMに乗り換えましょう。

それだけで携帯代は月々5,000円前後浮くはずです。

たった5,000円…

 

と思う人もいるかもしれませんが、その積み重ねが大事なんです。

年額にすると6万円ものお金を浮かすことができると思うと、今すぐ格安SIMに乗り換える価値があると思いませんか?

楽天モバイルLINEモバイル、mineoなどの多くのサービスが出ていますが、迷っている人はmineoが一番料金単体でみると安いので、それを選びましょう。

ちなみに僕は楽天経済圏にどっぷり浸かっているので、楽天モバイルを浸かっています。

「慢性的にお金がない」状態から脱却するためにできる対応策

さて、具体的に慢性的にお金がない状態になってしまう原因を6つあげてきました。

それぞれですでに解決策を書いているものもありますが、これらに共通する原因があります。

その原因が、慢性的にお金がない人は、極端にお金に対するリテラシーが低すぎるんです。

 

日本人はお金に関する教育を義務教育でまったくと言っていいほど受けていません。

そのまま社会人になり、お金を使い始めるが、お金のリテラシーが低いので、お金をうまく使えない…だから慢性的にお金がないという状態の人が出てきてしまうのです。

では、どうすればいいのでしょうか?

勘の良い人はすでに気づいているかもしれませんが、お金の教育を受けるしかないのです。

 

自分で勉強することもできますが、右も左もわからない状態で独学も難しいと思います。

そこで僕がおすすめしたいのが、お金の教養講座です。

毎年3,000人が受講しているお金に関する専用の授業で、無料体験講座も開設されているので、気軽に受講できます

気になる人はぜひ無料講座だけでも申し込んでみてくださいね。


こちらの記事でも、詳しく書いているので、ぜひこちらも合わせて読んで参加を決めてくださいね。

お金にだらしない、ルーズな人は必見!直したい人のための3つの方法

2018.10.26

 

お金がないからと言ってカードローンは絶対に使わないこと

お金がない人でどうにかしようとネットで検索をしていると「カードローンを使いましょう!」という記事を見かけることがあると思います。

でも、絶対にカードローンは使わないようにしましょう。

たしかに一時的にお金は手元に入ってきますが、そのお金は必ず返さないといけないものです。

しかも高額な利率を上乗せした金額を返済する必要があります。

中には返せなくなって、借金地獄…なんて人も0ではありません。

 

お金の知識があればわかりますが、カードローンは愚かなサービスです。

仮にカードローンを使うにしても、お金の勉強をして知識を持ってからにしてください。(お金の知識を身につければ使わないとは思いますが…)

まずは知識を身につけて、自分の生活を改善することを意識しましょう。

 

お金の知識を身につけて幸せな人生の第一歩を!

お金の知識が身につくだけで見える世界が変わってきます。

知識を身につけた後だと、普段の生活からお金に対する向き合い方が変わってくるので、慢性的にお金がない状態にはならないでしょう。

人生で起こる多くの不幸がお金への知識がないことで起こることだと僕は思っています。

お金の知識を身につけるだけで、これからの人生が幸せな人生へと繋がっていきます。

そう思うと、お金の知識を身につける時間・お金は何にも変えがたい価値があると思いませんか?

 

ぜひ、お金の知識を身につけて幸せな人生の第一歩を踏み出してください!

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。