【ヴィラージュ伊豆高原】初めてノマド的に仕事しようとしたんだ




どうも、ブロガーのこばりょー(@kobaryo_KobaLabです。

 

現在、朝の5:30を少し回ったところです。

僕がどうして、この記事をこんなに早い時間に書いているかというと、初めてノマド的に仕事をしようとして書いています

 

実は、大学の友人と一泊二日で静岡県伊豆のヴィラージュ伊豆高原というホテルに来ています。

 

ここがね。

 

めちゃくちゃいいんですよ。

 

部屋はめちゃくちゃ広くて綺麗だし

部屋の風呂は海の景色を一面見渡せるロケーションだし

ベランダからの朝日は最高だし

このクオリティで朝食付きで12,000円ほど。

しかも、3連休の土曜に宿泊でこの値段です。

 

正直な感想を言うと…

「やべぇ、住みてぇ」

です。アホ感丸出しですか、めちゃくちゃ住みたいです。

 

 

まぁ、そんなことはどうでもいいんです。

僕は今回の旅で「ノマド的に仕事してみよう!」と思ってPC片手に旅に出ています。

冒頭で述べた通り、この記事もそのために実験として書いている一面があります。

 

今回は、僕が初めてノマド的に仕事してみようと思って抱いた正直な感想を書いていきたいと思います。

 

ノマドワーカーとは

冒頭からノマド、ノマド言ってますが「そもそもノマドってなんだよ!」って人のためにちょっと解説です。

まぁ、かなり知れ渡ってきているものだと思うのでWikipedia先生から引用します。

英語で「遊牧民」を意味する「ノマド (nomad)」と、「働く人」を意味する「ワーカー (worker)」を組み合せた言葉である

ノマドワーカー」も「ノマドワーク」も、2010年の時点で使われていた表現であるが、「ノマドワーカーの先駆者」と評された安藤美冬の活動が知られるようになったころから、広く用いられるようになった。

ノマドワーカーが働く場としては、しばしば代表的な例として言及されるスターバックスなど、通常の喫茶店の他、そうした客向けに特化した店や、公共図書館などがある。また、ノマドワーカーが注目されるようになると、その受け皿として、各地で電源やWi-Fi環境などを整備したコワーキングスペースを設ける動きも出始めた。

評論家の荷宮和子は、ノマドワーカーを「オフィスから離れ、スタバあたりでノートパソコンを広げて、『ドヤ顔』しながら仕事する人たち」「モバイルが普及した時代ならではの、遊牧民的労働者」と表現している。

まぁ、いろいろ書いてありますが、ざっくりまとめると「いろんな所で仕事する人」だと思っています。

それにしても「スタバあたりでノートパソコンを広げて、『ドヤ顔』しながら仕事する人たち」ってめちゃくちゃ偏見と卑屈が詰め込んである文章ですよね(笑)

調べた時にこの文章を見て思わず笑いました。

 

ノマドのメリット

さて、そんなノマドのメリットですが、僕は「どこでも、どこに行っても仕事ができること」だと思っています。

ありきたりなようですが、これがやはり1番のメリットでしょう。

 

最近は「旅しながら働く」が流行っていますが、まさにこのノマドのメリットを生かした働き方ですよね。

わざわざ同じオフィスに出向かなくて良いというのは、誰もが憧れる働き方のスタイルかもしれません。

僕も実際にこんな働き方に憧れて、こうやって実験をしています。

 

ノマド的な働き方を試してみた!

さて、では僕が実際にこの伊豆への旅でノマド的な働き方をして思った正直な感想を言いたいと思います。

 

「ノマド的な働き方、めちゃくちゃきつい」

 

えーっと、何がきついかと言うとですね。

メリハリがないんですよ。

遊びと仕事に

 

これについてはいろんなブロガーさんが話題として触れている部分なんですが「遊ぶときは遊ぶ、働くときは働く」っていうのがやっぱりめちゃくちゃいいです(笑)

同じ旅をするにしても、全力で遊ぶ旅なのか、全力でノマド的に仕事をする旅なのかはっきり決めてからするのがいいと僕は思いました。

全力で遊ぶ旅は1人でも大勢でも、めちゃくちゃ楽しいと思います。

でも、全力でノマド的に仕事をする旅は1人が1番良いです。

複数で旅をするにしても、全員が「全力でノマド的に仕事をしよう」と思ってないとうまくいかないでしょう(笑)

 

今回の旅も、移動中の車とか空き時間とかでめちゃくちゃ仕事しようと思ったんですが、ダメでしたね。

だって、めちゃくちゃ楽しんだもん。

みんな全力で楽しんでるんだもん。

そりゃあ、遊びたくなるじゃないですか。

 

というわけで、今回の旅はこれでノートPCを閉じて全力で楽しんできまーす!(笑)

 

ちなみに今回のホテルは楽天トラベルで予約しました。

最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。