【仮想通貨】初心者が絶対に登録したい取引所はここだ!




「仮想通貨って話題になってるけど、始めてみたい!」

そう思っている人が多いのではないでしょうか?

 

こんにちは、こばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

僕も仮想通貨に2017年の夏頃から手を出しています。

その結果、2017年の仮想通貨の収益が会社員の年収を超えてしまいました

僕が始めた当時から、ほとんど全ての主要な仮想通貨は値上がりしています。

最近では、多くの取引所がCMを流しているので、さらに仮想通貨への注目度は増すばかりですよね。

 

このように、これからもまだまだ可能性を秘めていて話題になっている仮想通貨ですが、投資を始める際に気になってくるのが「どこの取引所に登録したらいいの…?」ってことではないでしょうか?

国内の主要な仮想通貨の取引所だと、ZaifbitFlyerの2つがあります。

それに合わせて、最近は海外の取引所の名前がちらほら出ていたりするので、本当にどこに登録したかいいのかわからなくなりますよね。

そこで、今回は各取引所の特徴や、実際どこに登録すればいいのかについて書いていきたいと思います!

こばりょー
仮想通貨について気になっていた人は参考にしてくださいね〜!

 

仮想通貨の将来性や今後の価格はどうなる?

まずは、仮想通貨の将来性や今後の価格について触れておきます。

仮想通貨の将来性は、めちゃくちゃ大きいと僕は思っています。

それこそ、仮想通貨に使われているブロックチェーンという技術は、インターネットと同じくらいのイノベーションです

これから、多くの面で僕たちの生活や社会に溶け込んできて、社会インフラとなり得る可能性を秘めています。

というのも、ブロックチェーンによって以下のことが実現できるんですね。

  • キャッシュレスな決済
  • 海外への安くて、スムーズな送金
  • 通貨の民主化
  • 個人同士の融資
  • 企業の融資方法の変化

など…もっともっと多くのことが実現できますが、現状「確実に」実現できるものとしてこれらを挙げることができます。

ここでは、細かい説明はあえて省こうと思うので、気になる人はぜひ調べてみてください。

 

そして、気になる今後の仮想通貨の価格ですが、間違いなく上がってくるでしょう

今は、まだまだ実需が伴っていません。

それでも、今後の将来性に期待して価格が高騰しています。

今後、これに実需が絡んでくれば、さらに値上がりは進むと考えられます。

「今から始めたら遅いのでは…?」と思う人もいるかもしれませんが、これからもまだまだ値上がりする可能性は高いでしょう。

 

国内取引所の主要2つは「とりあえず」登録しておくべき

それでは、仮想通貨を取引するために必要になってくる取引所の話に移っていきたいと思います。

まずは国内取引所についてです。

国内にもいくつかの取引所があるのですが、主要な2つがZaifbitFlyerです。

結論としては、この2つは登録しておくべきでしょう。

というのも、取引所によって、取引できる通貨の種類が違ったり、手数料が全然違ったりします。

複数登録しておくことで、「別の通貨に興味が出てきたのに、登録してた取引所で扱っていない!」なんてことになって、チャンスを逃してしまう可能性を防げるからです。

しかも、今は取引所の開設が殺到していて、平気で開設までに1ヶ月もかかった…なんてこともあるみたいなので、ぜひこの機会に国内の主要取引所は登録しておいてくださいね!

 

それぞれの取引所の特徴を簡単にまとめておきたいと思います。

 

①Zaif:人気コインを取り扱っていて、取引手数料が安い

まずは、Zaifについてです。

Zaifの特徴は、人気コインを取り扱っていること、そして取引手数料が圧倒的に安いことが挙げられます。

Zaifでもモナコインと呼ばれる、国産の人気コインを扱っています。

その他にも、独自の「トークン」と呼ばれる通貨を発行していたりするので、注目度はかなり高いです。

 

そして、何と言っても取引手数料が国内取引所の中では圧倒的に安いです。

ぶっちゃけ、bitFlyerは取引手数料が高すぎます…。

一度購入して、長く持っているくらいなら全然良いのですが、頻繁に取引したい人は、Zaifで取引をすることをオススメします。

 

②bitFlyer:目立った特徴なし…?

最後にbitFlyerについてです。

正直、僕はここは使っていません。

別に、デザインがめちゃくちゃ見やすいわけでも、取引手数料が安いわけでもない(むしろ高い)ので、ぶっちゃけ使うメリットがあんまりないんですよね…。

ただ、今後、bitFlyerでしか買えない通貨を扱い始める、なんて可能性もゼロではないので、登録だけはしてあります。

 

海外取引所は世界一の取引所「Binance」を登録しよう

さて、国内取引所について見てきましたが、もう1つ、これから仮想通貨の投資を始めたい人に登録しておいてもらいたい取引所があります。

それが、Binanceです。

海外の取引所になるのですが、世界で取引量No.1になりました。

その特徴は、何と言っても取引できる通貨の多さです。

この記事執筆時ですでに97種類もの通貨を取引することができます

定期的にユーザーにアンケートを取って、投票率の多かった通貨が新規上場されるので、これだけの数を取引できるようになっています。

中には上場時から1900倍にもなった通貨なども存在しているので、とんでもない可能性を秘めています。

 

海外の取引所ですが、日本語にも対応していて、英語がわからない人でも理解できるはずです。(僕が使えてるので大丈夫なはずです)

しかも、メールアドレスだけで登録できるので、国内の取引所のように本人確認などの必要もありません

ただ、日本円を入金することができないので、Zaifなどでビットコインやイーサリアムという通貨を購入して、Binanceの口座に送金してあげる必要があります。

初心者にはちょっと難しいかもしれませんが、一度やってしまえばすぐにできるようになります。

 

ぜひ、この機会に登録を済ませておきましょう!

 

各取引所を登録したら、必ず二段階認証を設定しよう

ここで、1つ注意点なのですが、各取引所を登録したら、必ず二段階認証を設定しましょう

これを登録するだけで、セキュリティが大きく向上します。

仮想通貨市場でも、もちろん悪い人がいて、あなたの口座の資産を盗もうとしている人がいます。

実際にTwitterなどでその被害に遭ったという人も見かけたことがあります。

二段階認証をしても100%資産を守れる保証はありませんが、格段にセキュリティが向上するので、必ず設定しておいてくださいね!

 

仮想通貨投資は自己責任でやろう

仮想通貨は爆発的に利益を増やせる可能性を秘めているものです。

しかし、それは裏を返せば、元本を減らす可能性もあるということにもなります。

投資の鉄則ですが、リターンが高いものには、それ相応のリスクが内在しています。

仮想通貨はまだまだどうなるかわからない部分もあるので、最悪投資した資産が0になるなんて可能性もあると思っています。

仮想通貨投資は必ず自己責任でやりましょう。

 

そもそも、元本が大きくマイナスになった時に「あいつのせいだ」などと他人のせいにする人は、投資に向いていないのでやらない方がいいでしょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

coincheckで取引できる仮想通貨13種類すべての特徴をまとめてみた!

2017.09.06
The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。