『働き方改革』よりも『生き方改革』を今すぐにするべき理由




どうも、こばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

 

最近いたるところで「働き方改革」が叫ばれています。

  • 残業を減らそう!
  • 生産性をあげよう!
  • フレックス制を導入しよう!

いろいろな取り組みが政府・企業によって行われています。

これについては、ものすごく良いことだとは思ってるのですが、大事なことが抜けているなと最近感じるんです。

 

それが、「”生き方”がすっぽり抜けていないか?」ということ。

 

働き方、働き方と言われていて、みんなそっちばかりに視点がいって、自分の生き方を考えていないように僕は感じています。

働き方っていうのは、生き方の中の一要素でしかないはずなのに、大きい部分の生き方を考えていない人が多すぎるんですね。

 

『働き方』は『生き方』の一部でしかない

繰り返しになりますが、『働き方』って『生き方』の一部でしかないんですね。

これについて、「仕事があるから生きていけるじゃないか!」なんて的外れなこと言っちゃう人もいるかもしれないですね。

でも、「生きているから仕事がある」し、「生きているから働ける」んです。

 

自分の生き方をないがしろにしてしまう人は、「人生仕事がすべて」って考えちゃってる人なんだと思います。

人生の最上位は『生き方』でその中に働き方を始め、いろいろな構成要素があるんです。

これについて日本マクドナルドのCEOの原田泳幸さんがめちゃくちゃ良いこと言ってます。

 

なぜ、みんな『働き方』にしか目がいかないのか?

どうして、みんな自分の理想の『生き方』を見ずに、『働き方』が先行しちゃうんだろうなと思ったんですけど、『生き方』について考える機会が極端に少ないんです。

 

小さい頃は「将来は何になりたいの?」と職業を聞かれて、

中学校で将来(職業)を見据えた進路を考え、

高校で将来(職業)に繋がる専門分野を選び、

大学でどんな仕事がしたいのか、どんな企業に行きたいのか考える。

 

比較的、社会のレールに乗ってきた人は、だいたいこの経路を辿ると思います。

この中で自分の将来の『働き方』(職業・仕事)を考える機会はたくさんあるんですけど、どんな『生き方』を考えるかの機会って全然ないんですよね。

自分がどんな環境で、どんな人と、どんな生き方をしたいのか…?

しっかり考える機会がないんです。

 

これこそが、『働き方』にばかり目がいってしまう理由だと思います。

 

今こそ『生き方』を考えるべき

自分がどんな環境で、どんな人と、どんな生き方をしたいのか…この理想の『生き方』を考えるだけで、自然と自分の理想の『働き方』が見えてきます

 

僕の場合、「自然豊かな田舎でのんびり暮らしながら、仲間と面白いことを仕掛けていきたい」という理想の生き方があります。

そうなると、理想の働き方は「会社に縛られず、ストック性の高い仕事をする」というものだと僕は思っています。

 

「自分が何をしたいのかわからない」という人ほど、自分の理想の生き方を考えるべきだと思います。

やりたい仕事がなくても、どんな生き方をしたいのかくらいはあるはずです。

  • 何もせずのんびり過ごしたい
  • そこそこの収入で無難に人生を過ごしたい
  • 都会のタワーマンションに住みながら美人の妻と暮らしたい
  • バリバリ仕事して成果を出したい

なんでも良いと思います。

いろいろな情報が入手できる現代で、みんな同じような価値観を持つ必要はないんです。

自分が1番幸せを感じる『理想の生き方』を選びましょう。

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(25歳)。 当ブログ″Koba Lab″を運営。「人生は実験だ!」をモットーにいろいろ実験していきます。 睡眠の知識 / 若者の働き方・生き方について発信していきます。 めちゃくちゃめんどくさがり屋やで。