【Wiswell Water Dripper】おしゃれな水出しコーヒー器具ならこれ!




【Wiswell Water Dripper】おしゃれな水出しコーヒー器具ならこれ!

こんにちは、のんびり生きてるこばりょー(@kobaryo_KobaLab)です。

こんな人におすすめの記事です
  • Wiswell Water Dripperが気になる
  • 水出しコーヒーが気になる
  • おしゃれな水出しコーヒーの器具がほしい

 

暑くなってくると、いつものコーヒーをアイスコーヒーで楽しみたくなりますよね。

だからといって、いつも通りコーヒーを挿れて、それを冷やして…となると手間が増えて面倒臭いです。

僕もいつもはお湯を沸かしてコーヒーを挿れてますが、冷やすのも時間がかかって大変です。

 

そんな人におすすめなのが水出しコーヒーです。

水出しコーヒーは字の如く、水で挿れるコーヒーです。

水でコーヒーを挿れることができるの?

と思う人もいるかもしれませんが、お湯ではなく水からでも美味しいコーヒーを挿れることができます

 

今回は、数ある水出しコーヒーの器具から「Wiswell Water Dripper」を紹介します。

美味しい水出しコーヒーを挿れることができるだけではなく、おしゃれなコーヒー器具でおすすめです。

水出しコーヒーの器具を探している人は、この記事を参考にして、「Wiswell Water Dripper」を使ってみてください。

水出しコーヒーの特徴

水出しコーヒー

水出しコーヒーの特徴はなんと言ってもすっきりした味わいになることです。

コーヒー特有の苦味や雑味が抑えられるので、アイスコーヒーにぴったりの味わいになります。

 

もちろん、コーヒーの苦味や雑味があることで、コーヒーの個性が出ることもあります。

なので、どちらが良いというわけではなく、暑い夏にごくごく飲みたくなるようなアイスコーヒーを作りたい人にはぴったりだと思います。

アイスコーヒーでもコーヒーの深みや苦味を味わいたい人は、お湯でドリップして、冷やすという工程にした方が良いかもしれないですね。

 

簡単に水出しコーヒーのメリットとデメリットをまとめておきます。

 

水出しコーヒーのメリット

メリット
  1. すっきりした味わいになる
  2. コーヒーの雑味や苦味がマイルドになる

水出しコーヒーは、コーヒーの雑味や苦味がマイルドになり、すっきりした味わいになります。

なので、コーヒー特有の風味や苦味が苦手な人は、もしかしたら水出しコーヒーの方が気に入るかもしれません。

 

水出しコーヒーのデメリット

デメリット
  1. 抽出に時間がかかる(2〜3時間)
  2. コーヒー特有の苦味が弱くなる

メリットの裏返しになりますが、水出しコーヒーはコーヒー特有の苦味が弱くなります。

そのため、コーヒー特有の風味や苦味が好きな人は、いつも通りドリップすることをおすすめします。

 

また、水出しコーヒーは挿れるのに時間がかかります。

だいたい抽出に2~3時間ほどかかるので、「飲みたい!」と思った時にすぐに飲めないのはデメリットの1つです。

ただ、朝起きてすぐに飲みたい人は夜のうちにセットしておけば、朝には美味しいコーヒーを飲むことができます。

Wiswell Water Dripper の特徴

 

Wiswell Water Dripper の特徴

水出しコーヒーの特徴はわかってもらえたと思いますが、水出しコーヒー専用の器具を紹介します。

僕が実際に利用していて、おすすめなのがWiswell Watter Dripperです。

Wiswell Watter Dripperの特徴
  1. 筒状のスリムな形状でインテリアとしても違和感のないおしゃれないデザイン
  2. 使い勝手の良い細部の配慮
  3. パーツが細かく分かれるのでお手入れが楽

実際に使ってみて特に感じたので使い勝手の良い細部への配慮でした。

それでは、それぞれ細かく見ていきましょう。

 

①筒状のスリムな形状でインテリアとしても違和感のないおしゃれないデザイン

Wiswell Watter Dripperは筒状のスリムな形状でインテリアとしても違和感のないおしゃれないデザイン

まずは、なんと言ってもこの見た目です。

僕はピアノブラックのカラーを使っていますが、インテリアとして置いても違和感がないくらいおしゃれです。

筒状のスリムな形状なので、キッチンに置いておいても邪魔にならないのも嬉しいですね。

 

普段使うものは少しでもデザインがいまいちだと、それだけで気分が上がりません。

そのため、おしゃれなデザインというのはどうしても外せませんよね。

 

②使い勝手の良い細部の配慮

Wiswell Watter Dripperはデザインが良いだけでなく、使い勝手も最高です。

いろいろな配慮がなされているのですが、中でも僕が良いと思ったのが、コーヒー豆を挿れるカップの表示です。

Wiswell Watter Dripperは使い勝手の良い細部の配慮がすごい

どれくらいのコーヒー豆を挿れるかは、コーヒーの味にダイレクトに影響してきます。

そのため、毎回同じ量のコーヒー豆を入れることができるようにカップに表記してあるのは嬉しいポイントです。

 

もう1つ紹介しておくと、水を滴下するスピードを調整できることです。

ちょこんと付いてるハンドルで調整します。

Wiswell Watter Dripperは水を滴下するスピードを調整できる

実際に滴下しているのを小さい窓から確認できるのもポイントが高いです。

Wiswell Watter Dripperは実際に滴下しているのを小さい窓から確認できる

水の滴下スピードもコーヒーの味の決め手になるので、自分好みに調整できますね。

 

③パーツが細かく分かれるのでお手入れが楽

Wiswell Watter Dripperはパーツを細かく解体することができます。

Wiswell Watter Dripperはパーツが細かく分かれるのでお手入れが楽

しかも、簡単に解体できるので、お手入れがものすごく楽です。

 

こういう大きめの器具で解体ができないと洗うだけで一苦労ですよね。

コーヒーは汚れが残りやすいので、細かく解体できるのは嬉しいポイントです。

ただ、持つところによってはすぐ外れやすいので、コーヒーをセットしてから動かすときは注意してくださいね。

美味しい水出しコーヒーでのんびりした暮らしを

Wiswell Watter Dripperで淹れた美味しい水出しコーヒーでのんびりした暮らしを

今回はWiswell Watter Dripperを紹介しました。

水出しコーヒーを試してみたい人はぜひ購入してみてください。

美味しいコーヒーがあると、のんびりした暮らしを彩ってくれます。

今年は美味しい水出しコーヒーで夏ののんびりした暮らしを楽しみたいと思います。

 

それでは、最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
こばりょー
睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(27歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

睡眠デザイナー / ブロガー / エンジニアの複業家(27歳)。 のんびり生きるために睡眠の知識 / 資産運用・投資の考え方 / 若者の働き方・生き方について発信してます。 のんびり過ごすのが好きすぎて、のんびり生きることに決めました。 35歳でサイドFIRE、48歳でFIREする予定。